E-ラボ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Laughter In The Rain わたしはこの曲が好き 005

 残りのアール・クルー

  全曲エントリしてもしょうがないので,

    ここで,ひとまず終了。

 

 Earl Klugh - Laughter In The Rain

 

 

 

 

inkyoさんのお話に出てきた曲を探してみました。

 

 「悲しき雨音」カスケーズ

 

 

 「悲しき街角」デル・シャノン

 

音はこちらのほうが良いようです。

http://jp.youtube.com/watch?v=m_2gTwIlis8&feature=related

 

 

 

 「悲しき16才」キャシー・リンデン

 

 

 「悲しき少年兵」ジョニー・ディアフィールド

 

 

「悲しき足音」スティーヴ・ローレンス

 

 

 「悲しき慕情」ニール・セダカ

 

 

 

 

その他,「悲しきインディアン」

     「悲しきカンガルー」

     「悲しき片思い」

      「悲しきスクリーン」

 

 等が見つかりました。

             沢山あったのですねぇ。

スポンサーサイト

Early in the morning わたしはこの曲が好き 004

でおちゃんの

  エントリに  「 Early  morning  in  the  park

    がある。

 

これを見たら,私の頭には

   この曲しか浮かばなかった。

 

 クリフ・リチャードの「しあわせの朝」だ。

 

もう少し,アール・クルーを続けたかったけど,

  タイミングをはずさないために,今日エントリするぞ。

 

クリフ・リチャードはヒット曲が多いから

  これだけがお気に入りじゃない。 

 

「燃ゆる乙女」

 Girl You'll Be A Woman Soon

 

 「コングラッチュレーションズ」

 

 

 「サマー・ホリディー

 

たっぷり聴いて,御満悦!

 

 

Long Ago And Far Away ,Summer Songわたしはこの曲が好き 003

 

まだまだ続く,アール・クルー です。

  まえのコメでも書きましたが,このアルバムは大好きです。

    今日は,2曲まとめて‥‥。

 

Long Ago And Far Away- Earl Klugh

 

 これもゆさをぢさんのお好みです。

 

 Summer Song- Earl Klugh

 

 

 

冬季限定 お好みの2種

  「ラミー」と「バッカス」

           お酒がちと苦手な私の

                   冬の楽しみ

     これを食べると,冬気分

 

 

 

Catherine わたしはこの曲が好き 002

 まだ「アール・クルー」を続けます。

 

 

 

 Earl Klugh - Dance With Me

 

 

 

 

 

 

「Catherine」

  この曲は,ゆさをぢさんのお気に入りでもあります。

 

気に入っていただけた方は,こちらで最新の曲が聴けますよぉ。 

 

http://www.earlklugh.com/main.html

 

アール・クルーでした。

 

 

おまけ

Dr. Macumba わたしはこの曲が好き 001

 新しいシリーズの始まりです。

 

いままで,deo ちゃんに聞きやすいクラシックを紹介していましたが,

ここからは,自分が本当に好きな曲を探してきて,部屋を飾りたいと思います。

 

手始めは,「アール・クルー」からです。

 

きょうは,「ドクター・マクンバ」を聴いて,幸せになります。 

 

 

 

基本的に,わたしは耳に心地よい(?)音楽であれば

   何でも良いと思います。

 

いろんなジャンルに拘ることなく,

       聞いて楽しい曲で飾って,

           いつでも,その曲を楽しめるように

                          したいと思ってます。

マイスタージンガー deo ちゃんのためのクラシック 最終回

「 ニュルンベルクのマイスタージンガー』(Die Meistersinger von Nürnberg)は、リヒャルト・ワーグナーが作曲した楽劇。台本も作曲者自身による。16世紀中ごろのドイツニュルンベルクが舞台。マイスタージンガーとは、職人の親方が歌手を兼ねている、いわば「親方歌手」で、「名歌手」という日本語訳もあるが、現在ではあまり使われない。」 from Wiki

 

 

 

 

この曲を聴きながら,読んでいただければ幸いです。

 

 

「本日を持ちまして,

 

deo ちゃんシリーズをひとまず終了とさせていただきます。

 

いままで,皆様には暖かい御訪問を戴き,心より感謝申し上げます。

 

deo ちゃんもゲージツ家の道に

         邁進するようですので,

あと,少々残った曲はいずれ取り上げることにします。

 

また,新たなシリーズを立ち上げましたら,

     そちらの方もよろしく御訪問のほどをお願いいたします。」

 

 

 

 

ゴリウォッグのケークウォーク deo ちゃんのためのクラシック L

「子供の領分(こどものりょうぶん、原題:Children's Corner)は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシー1908年に完成させたピアノのための組曲である。

6曲中最も有名なのが第6曲『ゴリウォーグのケークウォーク』である。ゴリウォーグ とは、フローレンス・アップトン(Florence Upton) の絵本(1895など)に出てくる黒人の男の子人形のキャラクターの名前で、ケークウォークは黒人のダンスの一種である。この曲は、西洋音楽とアフリカの黒人音楽の接触の初期の例のひとつとしてしばしば挙げられている。ケークウォークの中間部では、ヴァーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』の冒頭部分が引用されている。」

 

メヌエット deo ちゃんのためのクラシック XLⅨ

「ルイジ・ボッケリーニRidolfo Luigi Boccherini1743年2月19日 - 1805年5月28日)は、イタリアルッカ生まれの作曲家チェロ奏者。

同時代のハイドンモーツァルトに比して現在では作曲家としては隠れた存在であるが、存命中はチェロ演奏家としても高名で、自身の演奏のためにチェロ協奏曲チェロソナタ弦楽四重奏曲にチェロを1本加えた弦楽五重奏曲を多く残した。その中でも弦楽五重奏曲ホ長調G275の第3楽章は「ボッケリーニのメヌエット」として有名である。」 from Wiki

 

 

 

 

 

ラ・カンパネラ deo ちゃんのためのクラシック XLⅧ

ラ・カンパネッラ (la Campanella) はフランツ・リストが作曲した6曲から成る『パガニーニによる大練習曲』(Grandes Etudes de Paganini, S. 141) の第3番嬰ト短調日本語では「ラ・カムパネッラ」「ラ・カン(ム)パネラ」、「ラ・カン(ム)パネルラ」などとも表記される。

 

 

 evgeny kissin la campanella

軽騎兵 deo ちゃんのためのクラシック XLⅦ

「 フランツ・フォン・スッペFranz von Suppé, 1819年4月18日ダルマチア地方スプリト - 1895年5月21日ウィーン)は、オーストリアの作曲家。オペレッタとその序曲で有名。指揮者や歌手としても活動した。ズッペの表記も多い。

スッペの数々のオペラがほとんど忘却に追いやられている中で、「軽騎兵」や「詩人と農夫」の序曲が、映画アニメーションコマーシャルなどの音楽に転用され、ポップスのコンサートで演奏されている。 」 from Wiki

 

軽騎兵

 

 

 

 

 詩人と農夫

ウイリアムテル序曲 deo ちゃんのためのクラシック XLⅥ

「 フリードリヒ・フォン・シラー1804年に書いた戯曲『ウィリアム・テル』(ヴィルヘルム・テル、独:Wilhelm Tell)を元に、1829年にロッシーニがオペラ『ウィリアム・テル』(仏:Guillaume Tell)を作曲した。その序曲が『ウィリアム・テル』序曲(伊:Guglielmo Tell Introduzione)である。」 from Wiki 

G. Rossini - William Tell Overture (Finale) - Karajan 1983

 

 「ローンレンジャー」なんて言ったら,完璧年バレ?

 

    ”はいよぅ,シルバー”

 

 

 とりさんのリクエスト 

 

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=21472

 

 

幻想即興曲 deo ちゃんのためのクラシック XLⅤ

 幻想即興曲(げんそうそっきょうきょく、Fantaisie-Impromptu)作品番号66は、ポーランドの作曲家フレデリック・ショパン1834年に作曲したピアノ曲である。ショパンが作曲した4曲の即興曲のうち、最後に出版されたもの。

数あるピアノ曲の中で、最もよく知られる作品のひとつ。現在の版はショパンの死後友人のユリアン・フォンタナが改稿し発表したもので、題も彼が決定した。」 from Wiki

 

 

 Rubinstein fantasie impromptu op 66

 

 

昨日は,3元チャットなどという壮大な実験に参加しました。

 

http://deokureo.iza.ne.jp/blog/entry/804540

 

http://kanatakelabo.iza.ne.jp/blog/entry/798619/

 

http://kanatakelabo.iza.ne.jp/blog/entry/789840/

 

恐ろしい試みでした。

 

米総数161,時間にして3時間36分

 

まったく何をする暇もないのです。

 

ただただ,人の米を見て新たな米を考え出さなくては成りません。

 

deo ちゃんの頭のスピードには舌を巻きます。

 

こちらが考えている暇がないのです。

 

それに,楽しいのは当人達だけ‥‥‥。

だって,あとで読み直したら,あちこち飛んでいるので,

何で,ここで笑ったのか訳ワカメ状態です。

 

もう2度とやりたくありません。

 

今後は,

  1箇所でゆとりを持って,会話を楽しみたいと思います。

 

でも,ほんとに楽しかった。

 

アフォな3人組ですわ‥‥まったく

 

 

双頭の鷲の旗の下に deo ちゃんのためのクラシック XLⅣ

「『双頭の鷲の旗の下に』(そうとうのわしのはたのもとに、英:Under the Double Eagle、独:Unter dem Doppeladler)は、ヨゼフ・ワーグナー1880年代1902年という説も)に作曲した曲。日本では運動会などの行進曲としてよく用いられる。明快かつリズミカルな曲調でワーグナーが当時オーストリア・ハンガリー帝国の軍楽隊長であった時期に作曲したものであり、曲名にある「双頭の鷲」は同国のシンボルである。」 from Wiki

 

 

 

最近あちこちのエン鳥で,皆さん鳥を鳥あげてるけど,

違いの判らん私だけに,これも鳥だべ。

 

 

 

弦楽セレナード deo ちゃんのためのクラシック XLⅢ

 

チャイコフスキー作曲の弦楽セレナード ハ長調は、1880年に作られた、弦楽オーケストラのための4楽章の作品である。作曲者を代表する作品として広く親しまれている。

作曲者がモーツァルトへの敬愛から書いたものであり、書簡にも「強い内的衝動によって書かれ、芸術的な価値を失わない」と記した、屈指の名曲である。」 from Wiki

 

 

 

おー人事!

威風堂々 deo ちゃんのためのクラシック XLⅡ

「『威風堂々』(いふうどうどう、英語:Pomp and Circumstance作品39は、イギリスの作曲家エドワード・エルガーが作曲した管弦楽のための行進曲集。エルガーが完成したのは5曲であるが、21世紀初頭に未完の第6番が補筆完成されて新たに加えられた。」 from Wiki

 

 

 

 

 今日のおまけ‥‥‥

 

愛の挨拶 deo ちゃんのためのクラシック XLⅠ

「サー・エドワード・ウィリアム・エルガー(Sir Edward William Elgar1857年6月2日 - 1934年2月23日)はイギリス作曲家指揮者。もとは音楽教師でありヴァイオリニストでもあった。

 

愛の挨拶」("Salut d'Amour" ("Liebesgruss")) 作品12 (ヴァイオリンとピアノ。その他にピアノ独奏、チェロとピアノ、小管弦楽などさまざまな稿あり。) 」 from Wiki

 

 

 

 今日のおまけは,

冬が目の前なのに,夏にあこがれてこれ。

故郷求めてさんの支店で見かけたので‥‥。

 

 

 わたしも好きで,よく聴いていました。

 

 

 

ワシントンポスト deo ちゃんのためのクラシック XL

「 ワシントン・ポスト(原題:The Washington Post)は1889年ジョン・フィリップ・スーザによって作曲された愛国的なアメリカ合衆国行進曲である。アメリカをはじめ多くの国で、スーザの  もっとも有名な行進曲の一つ として広まっている。」 from Wiki 

 

 

 

わたしは

          「もっとも~なうちのひとつ」

という表現に違和感を持ちます。

たしか,英語にも

         「 one of the most ~ 」

とかいう表現があったやに‥‥

 

最上級なら,ひとつにせんか~い!

 

怒りはさておき,寒いから元気が出るように

マーチ!march  3月はまだ寒いか?

 

 

 

ハーブ・アルパート とりさんのリクエスト

 

 

 マルタ島の砂

 

 

 ビター・スイート・サンバ

 

 

 昨晩は,mari さんとこで,でおちゃんと一緒にオイタをしてしまいました。

 

mari さんは呆れたのか,お忙しいのか  いまだに現れません。

 

代わりに,tori さんからお叱りをいただきました。

 

それも,でおちゃんが避けるもんだから,2発とも

                    私がいただきました。痛いです。

 

頭がずきずきしますけど,オーダーされたものをエントリします。

 

 

長い夜 シカゴ

美形の「よもぎねこさん」を見てたら

 

http://yomogineko.iza.ne.jp/blog/entry/800647

 

         これを  聴きたくなりました。

 

 

 

だって,今日のお題は「長い夜」なんですもの‥‥

                     連想ですね。 

 

 

また,とりさんに絵が動かない~って言われそう。 

 

わたしゃあ,ジャケット眺めながら曲聞くのが好きなの!

 

 

 

 

亡き王女のためのパヴァーヌ deo ちゃんのためのクラシック ⅩⅩⅩⅨ

「 亡き王女のためのパヴァーヌ』(なきおうじょのための - 、『逝ける王女のための』とも、原題:Pavane pour une infante défunte)はフランスの作曲家モーリス・ラヴェル1899年に作曲したピアノ曲、および1910年にラヴェル自身が編曲した管弦楽曲。1902年、リカルド・ビニェスにより初演される。」 from Wiki

 

 これもちょっと長すぎるかな?

ま,適当なところまで‥‥ 

 

 

 お耳直しはクライズラー&カンパニーで‥‥

 

 

 

愛の夢 deo ちゃんのためのクラシック ⅩⅩⅩⅧ

 愛の夢(あいのゆめ、独 Liebesträume)は、フランツ・リストが作曲した3曲から成るピアノ曲。サール番号541。

3つの夜想曲(3つのやそうきょく)という副題を持つ。第3番は特に有名。」 from Wiki 

 

 

 

 今夜のおまけ‥‥‥

 

 

分かりますよね。朝から卓球する人です。

カルメン deo ちゃんのためのクラシック ⅩⅩⅩⅦ

「 カルメン』("Carmen")は、アンリ・メイヤックとリュドヴィク・アレヴィの台本ジョルジュ・ビゼーの作曲によるフランス語によるオペラである。」 from Wiki

 

第1幕前奏曲

CARMEN Prelude Bizet Berlin Philarmonic Abbado

 

SACHI さんに

 

 

ハバネラを聴かして貰ったから,

 

http://sacchyan.iza.ne.jp/blog/entry/795385

 

これ出さずにゃおられんわいなぁ‥‥‥。

 

 

 

今朝まで,息子のレポート書きに付き合わされてしまいました(泣)

 

シッコタイムぢゃなくて,まだ塾から帰れなかったので~す。

 

自分は昼寝してから,チャッカリ塾に現れて朝までレポート作成。

 

こちとら,昼からずっとここに居るのに‥‥。

 

傍迷惑が,服を着て動き回っている。

 

今日は,銀行廻りをして,買出しをして,やっと塾に到着。

 

まだ,仕事は山積み‥‥‥一服しながら取り組むべ~。

 

フゥ

 

 

 

 

 

ツァラトゥストラはかく語りき deo ちゃんのためのクラシック ⅩⅩⅩⅦ

「『ツァラトゥストラはこう語った』(Also sprach Zarathustra作品30は、リヒャルト・シュトラウス1896年に作曲した交響詩。『ツァラトゥストラはかく語りき』とも訳される。」 from Wiki 

 

 

 

 

さぁ,みなさん! また一週間が始まりましたよ。

 

皆さんは,忙しくなるでしょうけど,

        塾は世間様と逆のパターンなので

  月曜日が来ると,HOT してしまいます。

 

さらに,今週は2学期期末テストがありますので,

  授業はほとんどありません。

    テスト準備の自習生が押し寄せて

        質問攻めに逢うくらいです。

 

さぁ,deo ちゃん! 遊ぼう!

    って,deo ちゃんは真っ当な社会人だった^^;

 

お仕事ぐわんばって下さいね。

 

 

 

 

 王子様のためにデオダートの演奏を追加します。

トロイメライ deo ちゃんのためのクラシック ⅩⅩⅩⅥ

「 子供の情景』(こどものじょうけいKinderszenen)作品15は、ロベルト・シューマンの作曲したピアノ曲の代表作のひとつである。特に第7曲『トロイメライ』は名高い。

7.トロイメライ(夢) Träumerei(ヘ長調)  」 from Wiki 

 

 

音は,悪いけど,画像にひかれてしまいましたぁ。

 

生き物に弱いです~

 

 

 

亜麻色の髪の乙女 deo ちゃんのためのクラシック ⅩⅩⅩⅤ

クロード・ドビュッシーの作曲したピアノのための前奏曲(フランス語:Préludes)は全24曲あり、各12曲からなる曲集『前奏曲集第1巻』『前奏曲集第2巻』に収められている。第1集は1910年、第2集は1913年に完成。」 from Wiki

 

第1巻の8「亜麻色の髪の乙女」

 

 

 

 

 やると思ったでしょ!

島谷ひとみ Live 2007 亜麻色の髪の乙女

 

でも,これが一番なんだけど‥‥‥‥。(埋め込み不可) 

 

http://jp.youtube.com/watch?v=YAvFoixk240&feature=related

 

 

 

う~ん,すばらしいことだ。うらやましい!

 

deo ちゃん,遊ぼう!

 

って,今日も塾を早くから開けるんだった。

 

お仕事!お仕事!

 

 

ジャマイカン・イン・N.Y. deo ちゃんと中休み

 探してた曲がありましたので,今日は中休みです。 

    これが,私の気になってた曲です。

          演奏が体に染み渡ります。

     では,どうぞご一緒に‥‥‥‥。

 

 Shinehead-Jamaican in new york

 

 

 ついでに,元歌も‥‥‥。

 

 Sting - Englishman in New York

 

 

埋め込みが無効になってしまいましたので

 

http://www.youtube.com/watch?v=doYNBHE8Yes

 

跳んで下さいませ~

 

 

 

 

 

 

ピアノ協奏曲 deo ちゃんのためのクラシック ⅩⅩⅩⅣ

「 ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23ピョートル・チャイコフスキーが、友人のモスクワ音楽院院長のニコライ・ルビンシテインに刺激を受け、初めて作曲したピアノ協奏曲である。現在ではチャイコフスキーの3曲のピアノ協奏曲のうちだけでなく、古今のピアノ協奏曲中最も有名な曲の一つとして知られている。」 from Wiki

 

 Lang Lang plays Tchaikovsky Piano Concerto No.1 1M (1/2)

小フーガdeo ちゃんのためのクラシック ⅩⅩⅩⅢ

 「《フーガ ト短調 BWV 578》は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハオルガン曲。一説には、アルンシュタット時代(1703年1707年)の作品であるとされるが、後述のようにイタリア盛期バロック音楽の影響も見られることや、フーガ主題のバランスのよさから、ヴァイマル時代(1708年1717年)以降の成立とする説もある。

一般には、同じくト短調である《幻想曲とフーガ BWV 542》との混同を避けるためもあって、「小フーガ」との愛称で親しまれている。なお、BWV 542のフーガについては、楽曲の規模から特に「大フーガ」と呼ぶこともある。」 from Wiki

 

 

 

 

私には,こっちの方が馴染み深いのですが‥‥‥

      埋め込み禁止でした。

   フェアリーダストの「2010」です。

 

 http://jp.youtube.com/watch?v=8NuW7rLCZE4

 

ちなみに,「ハゲの歌」は認めません!

                え? お前が「ハゲ」だからだろうって?

                     いいえ 私は「ごま塩」です!

                           塩分多めですが‥‥^^;

 

 

 

 

 

 

牧神の午後への前奏曲 deo ちゃんのためのクラシック ⅩⅩⅩⅡ

 

「 『「牧神の午後への前奏曲』 (ぼくしんのごごへのぜんそうきょく:Prélude à "L'après-midi d'un faune") は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1892年から1894年にかけて作曲した管弦楽作品であり、彼の出世作である。」 frim Wiki

 

 ドビュッシーはこの曲無しでは片手落ちだから取り上げたけど

無理して聴かなくても大丈夫だぁよ。

 

 

 

 

緊急報告!

 

   ゆさをぢさんから,最悪の事態は避けられたと連絡あり‥‥

  今日・明日様子を見て復活とのことでした。

 

   ゆーぱぱさん,乗っ取りは またの機会に延期ですぅ。

 

 

 

 

追伸

  珈琲好きさんのエントリでこんなのがあります。

 

  http://likecoffee.iza.ne.jp/blog/entry/793702

 

  au を使っている人は気をつけましょう。

 

  私の携帯に送られてきたのは以下のとおり。

 

   発信者:08066720997

   内容 :モバイルコンテンツ未解約のため課金システムが作動中です。

        明日迄の解約をお願い致します。

                     ㈱モバイルサポート0120-460-030

 

 

  私は近くの au ショップで確認しました。

 

 

 

アラベスク deo ちゃんのためのクラシック ⅩⅩⅩⅠ

「 ピアノ曲2つのアラベスク仏語Deux Arabesques)》はクロード・ドビュッシーの初期作品で、最も有名な作品の一つ。1888年に作曲され、1891年に改訂されたとされる。ドビュッシーの2手用のピアノ曲としては、ロシア時代の《ボヘミア風舞曲 Danse bohémienne 》(1880年)以来の楽曲である。

 第1曲 ホ長調 アンダンティーノ・コン・モト Andantino con moto」 from Wiki

 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。