E-ラボ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムラサキシキブ

 

わんさまが,

 

今朝も、曇り空だぁった    6/19

 

で,あっぷしてた,ムラサキシキブを

 

見つけました。

 

 

 

 

 

この日も,風が強く,

 

ピンボケばかりを沢山撮ってしまいました。

 

こんなもので,許してつかあさい。

 

 

 

 

 

 

文学は苦手なんじゃなかったっけ?

 

 

 

でも,これは,花だから‥‥‥‥アハッ!

 

 

 

 

スポンサーサイト

やっと,逢えた!

 

待望のハグロトンボを撮ることが出来ました。

 

 

いや~,最初っから嫌われちゃって,

 

逃げ回るのを,追いかけ~て,追いかけ~て,すがりつぃ~て,撮りました。

 

勿論動き回っておりますので,ピントが合ったのはこれだけぇ~。

 

 

 とまるのを待ってる間に,薮蚊に刺されるの何の。

 

薮蚊ってね,藪の中に居ても,哺乳類はなかなか寄り付かないと思うんだけど‥‥。

 

もっと,積極的に藪から出て行かな‥‥‥‥。

 

 

 

 

 

おまけ,わたしも水滴で遊んでみました。

 

 

 

まじっくさんちにメスが‥‥‥‥‥‥

 

ハグロトンボ 」 

 

 

 

 

 

とんぼだぁ~!大好きだワン。

 

 

01:21

また揺れました。最近頻発してますニャ。

 

 

 

 

これ分かりますぅ?‥訂正あり

 

シソ科のような葉っぱ。 

 

でも,シソではない。カラムシ だそうな。

 

とりさんが見つけてくれました。

 

 

 

道路わきに生えてました。

 

 

 

 

茎に沢山の花が‥‥

 

 

 

こんなのです。って,これは雄花だそうです。

 

雌花は別のところにあるそうな。

 

 

 

 ご存知の方が,ご教授くださいませませた。

 

とりさんありがとうございました。

 

やれやれ,また課題が出来ちまった。

 

でも楽し‥‥‥‥。

 

 

お勧め音楽

 

 ジョージベンソンが吹かせた変容の風

 

 

可哀相なこの人に愛の手を‥‥‥‥

 

ニキビの新薬がすごすぎる

 

 

 

 

 

 

追記

2009,06,29.16:55

 

下のコメント欄で,わたしがとりさんに説明している雄花・雌花についての話はまったくの出鱈目です。

 

カラムシのサイトをどのように理解したのか分かりませんが,わたしのミステイクです。

 

説明しながら,不思議に思ったのが,

 

わたしはなぜ,雄花だけの写真しか撮っていないのだろうかという事です。

 

最近では,なかなかピントの合った写真が撮れないなということで

 

かなり多くのショットを撮ります。

 

だから,草の上から下まで一応隈なく見たはずなのです。

 

なのに,雄花の写真しかないのは解せない。

 

ということで,先ほど,現場に行ってきました。

 

案の定,わたしが撮影した個体には,雄花しかありませんでした。

 

そこで,他の個体を探し回った結果,

 

見つけました。

 

雌花だけの個体があったのです。

 

ということは,

 

カラムシは雌雄異株の植物である!

 

というのが正解です。

 

みなさまに混乱を与えてしまったことを

 

ここに訂正とともにお詫びいたします。

 

ごめんなさ~~い,わたしが悪うございましたぁ,許してね。

 

 

 

これが,さっき撮って来たばかりの雌花でっす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第三角法による

 

またもや,とりさんの後追いを

 

宝満山

 

に出てきたツユクサを,自分も撮ってたことを忘れてた。

 

 

 

ということで,撮影は古いのですが,ツユクサ。

 

 

【正面図】

 

 

 

 

【側面図】

 

 

 

 

【平面図】

 

 

 

 

 

 

 

そして, 

 

【おまけ】

 

 

 

 

 

 

 

タイトルが硬すぎるワンねェ。

 

 

 

そぉかぁ?

ガッチガチの理系だから許して‥‥‥‥゚゚(;´Д`)・゚゚

 

 

 

 

 

ダース・モール

 

メビさんがアカスジカメムシをアップしたから,

 

むしむし、蒸し虫

 

わても,在庫放出します。 

 

でもね,この模様を見たら,

 

ダース・モールしか思い浮かびません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日,夕立の後,

 

玄関から何気なく表通りを見ておりますと,

 

向こう側の歩道を,二人乗りの自転車がやってきました。

 

中学生の女の子だと思うんですが,

 

最近は中学生でも高校生と同じようにチャラチャラした服装ですので,

 

見分けがつきません。

 

ずぶ濡れの御様子で,かわいそうだなと思った途端,

 

後ろに乗っている子が,

 

今まで飲んでいた飲み物の殻(ペットボトル?)を

 

お向かいのクボタさんが綺麗に刈り込んでいらっしゃる

 

植木の上にポンと乗っけて

 

そのまま去って行きました。

 

わたしは,あっけにとられ,言葉さえ失ってしまいました。

 

これが,今のガキなんだなと,

 

その後,思い知ったのであります。

 

「どういう教育を受けているのやら‥‥‥‥」

 

 

 

 

臭いもんばっかりやないか?最近。 

 

 

君はきれいだ!

 

 

やはり,花は咲き始めがきれいですな。

 

初日は巧く撮影できませんでしたので,

 

リベンジの画像です。

 

 

ここも,藪蚊が多くて閉口しました。

 

急いで撮影し,退散です。

 

 

 

アップは,今日は控えましょうかね。

 

 

 

 

メビさんとこにもあります。 

 

集中しよ! 」 

 

とりさんとこにもあります。

 

姫檜扇水仙(ヒメヒオウギズイセン)

 

 

 

お菓子みたいだワンね。

 

ト ベ ラ

 

ルリビタキさんの

 

ト ビ ラ

 

に,触発されてのエントリ‥‥‥‥

 

古い画像を引っ張り出してきました。

 

 

 

 

いまでは,結実しております。

 

 

 

お そ ま つ‥‥‥‥でした。

 

 

 

 

その,影響されやすい性格は何とかなワンもんかねぇ。

 

 

野生のりんごガム!?

 

道端に,雑草 野草らしからぬ花を発見!

 

 

 

葉っぱを見たら,ハーブみたいな気がするので,

 

検索したら,アップルミントと判明。 

 

 

 

 

 

どこが,アップル???

 

ハーブはさっぱり分からん,分からん。 

 

 

 

 

 

こちらは,人の手が入ったもの。うしろはランタナ。

 

 

 

やだ,粒々が気持ち悪いワンよぉ。

 

 

 

 

 

飯盛山大噴火!!

 

 

 

 

 

 

 

今日の夕日でした。

 

 

 

 

 

 

 

アカンナァ,キカンナァ

 

♪かんなぁ~あ,クリスマスキャンドルの灯はゆれているか?

 

  オホン!いつもの飯盛山だべ↓

 

青手袋も咲いていました。ハハハ

 

      

 

 

 

 

えいみちゃん! ここにもホメオシス??

 

 

 

でもって,これが聞かんなぁ~ 

 

 

それより,赤が目に痛い!

 

 

ワンさまに続いて,ムクゲ

 

チシャノキの花が散って,寂しくなったと思ったら,

 

今度は,ムクゲの番でした。

 

それも2種類咲いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ赤なムクゲはわんさまのところ

 

ムクゲ 」 

 

 

 

これから,毎日咲くワンねぇ~。 

 

 

地震だ!

午後11時4分地震発生!

 

めずらしぃ~,ひさしぶりぃ~。

 

 

この塾は,鉄の柱の上に立っている。

 

鉄の柱はだいたい10本くらい。角柱だ。

 

以前,おうじたまが,弱々しいことを指摘してたが,

 

大丈夫かニャ??

 

 

 

 

 

2009,06,25 の月

 

う~む,昨日だったら,良かったのかな?

 

 

 

月はまだまだ難しい。

 

 

 

 

 

 

 

ホソバウンラン

 

塾のお隣,市営住宅の花壇にありました。

 

色がきれいですね。

 

 

葉っぱは,名前の通り,細いですね。

 

 

でもね~,この形はね~

 

 

 アンコウの吊るし切りを連想してしまうんだが‥‥‥‥^^。

 

 

 

 

 

 

僕の後姿が似てないかワン! 

 

ハギ‥!?

 

ハギって秋の花じゃないのかな?

 

これも,西油山中央公園にありました。

 

あちこち,分散して植えてあるんですが,

 

駐車場や,グランド脇に植えてある花は汚れて黒ずんでいました。

 

駐車場には絶えず休憩中の車がエンジンを掛けっぱなしで停まってるようで,

 

排気ガスでやられたかな?

 

写真は,遊歩道脇の林の中。

 

 

 

マメ科の花って多いですねぇ‥‥‥‥。

 

みんな同じ顔してます。

 

 

 

 

 

いまいち,納得がいかないので,誰か教えてくださいな。 

 

 

 

おまけは,夕べの夕焼け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 知らないことが多いから大変だワンね。

風と熊とアベ

 

わが町の道路では,車道と歩道の間にアベリアが植えてあることが多いですね。

 

今,花だらけでとてもきれいです。でも,立ち止まってゆっくり眺めている人は居ません。

 

我が家も昔,一株ありましたが,あまりに枝を伸ばすので取り除いてしまいました。

 

 

わたしも,ちと恥ずかしいので,

 

これはディスカウント・ショップ「スーパー・キッド」の生垣で撮影しました。

 

この生垣は駐車場の隅にあり目立たないのですが,現在,花盛りです。

 

マサキ の中の1枚もここでとったものです。

 

って,アリさんに説明しているような気分です。ハハハ

 

ここいら辺もアリさんの行動範囲内でしょうから‥。

 

 

雨の狭間をぬって,強風と戦いながらの撮影でした。

 

 

熊蜂も天気の悪いときは蜜舐めが大変ですねぇ。

 

わたしが,あまりにしつこく撮るので嫌気がさして飛んでいってしまいましたが。

 

「ごめんよぉ~」‥‥と,見送る‥‥。

 

 

 

花の形から,空木の仲間であることが見てとれますね。 

 

特徴のあるめしべです。

 

花弁の産毛は今回の写真で始めて認識しました。

 

細かく見てみると,新たな発見が多いものです。

 

ハナゾノツクバネウツギとも言うそうな。 

 

ふ~ん,そうですかい。それより,ご飯はまだぁ~?

 

 

アガパンサス

 

やっと,満開になりましたので,

 

今までの撮りだめを,一気に公開!

 

 

 

 

 

 

これはチシャノキ  の傍にあります。

 

近所の方が,花壇代わりに植えてるみたい。

 

まぁ,みんなで楽しめるからいいけどね。

 

 

大量に植えてるお宅も発見!

 

 

梅雨だから,雨に濡れたところも‥‥‥‥。

 

 

メビさんとこや,でおちゃんとこでもアップされてましたね。 

 

とりさんとこは

 

青い花

 

 

 

 アップが遅くないかねぇ‥‥‥‥。

 

 

 

後を絶たない入塾希望

 

 

塾に来たら,この子が玄関に粘っていた。

 

態度からして,中に入れろと言っている。 

 

ほんと,人間だったらよかったのにねぇ

 

と,いつも思います‥‥‥‥。

 

 

 

これもカゲロウの仲間でしょうねぇ。

 

面白い色だこと。

 

 

 

以前にもお話しましたように,

 

大手塾が値引き合戦を繰り広げておりますので,

 

この夏の新たな入塾は期待できない状況です。

 

ヤマトのエサ代が稼げないので,虫でも食べてもらおうかしらん。

 

 

 

 

そりゃ,無視できないワン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マサキ

 

 

気がついたのは,西油山中央公園脇の人家にある垣根。

 

でも,その後,塾のお隣さんも

 

これを垣根にしているのを確認。

 

まぁ,どこにでもあるんだろうけど,

 

なかなか,気がつかない(くらい目立たない)。

 

 

 

小さいけど,ちゃんとした花。

 

 

 

↑ 違いがはっきり分かるよねぇ ↓

 

 

 

 

 こんな感じ。

 

ほんと,目立たないね。

 

 

 今回思ったこと‥‥‥‥

 

3箇所で写真撮ったけど

 

よく見てみると

 

3者3様

 

花のつき方,花弁の形,雄しべ・雌しべの形と長さ

 

それぞれ違いが見られた。

 

いろんな品種が出来てるのかな???

 

 

 

 

 

 

 

ん?何かあるの??

 

 

くさ~い,仲!

 

 

最近,こんなんばっかり目に付きますな。

 

アブでも見たし‥‥‥‥ま,前が見えませ~ん((;´Д`)ノ

 

チョウでも見たし‥‥‥‥蝶の名前も分からない

 

人間(日本人)ももっと,子作りに励んでくれんかいな。

 

日本を潰す気か~?

 

 

 

クサギカメムシの仲間でしょうかねぇ???

 

まじっくさんに教わりました‥‥‥‥

 

キマダラカメムシだそうです。

 

頭の一筋の線がえらく目立ちます。

 

頭だけ見ると,ほんと,亀みたい。

 

怒ると臭いんでしょうなぁ。 

 

 それでなくても,傍らには,鳥の糞が‥‥‥‥。

 

 

 

 

 

 くっさぁ~ 

 

 

 

ヨウシュヤマゴボウ

 

 

荒地には,必ずといっていいほどありますね。

 

 

 

じっくりと,花を見たのは初めてですが,

 

最初から,雌しべは実の形が出来てます。

 

 

ピンクがかわいい。

 

 

こういう光景が普通ですね。

 

 

今度見かけたら,近寄ってみてくださいな。

 

 

 

メビさんとこ

 

どれも知らない 」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒B「受験希望校はどこにしておこう?」

 

DOC「希望調査でもあったんか?」

 

生徒C「うん,学校で‥‥‥‥」

 

DOC「で,どこ受けたいん?」

 

生徒B「さぁ‥‥‥‥?」

 

DOC「さぁ‥って,自分のことやで!」

 

生徒B「どこを受けたらいいものやら‥

 

先生は修猷でもまだ間に合うって言ってたよね。

 

修猷にしとくかな。」

 

DOC「どんどん可能性は下がってるぞ」

 

生徒C「えっ?どうして?」

 

DOC「人の話をどういう風に聞いてるんじゃ?

 

修猷といったら,この6学区最高峰だぞ。

 

優秀な生徒は誰だって狙うんだ。

 

だから,修猷受験したいのなら,

 

さっさと行動に移さないと,

 

今現在,誰もが努力していることを忘れたらあかん。」

 

生徒B「‥‥‥‥」

 

DOC「可能性があるからって,それに甘んじて,

 

のんびりしてる奴の合格可能性は

 

毎日下がってるのさ。」 

 

DOC「言っちゃあ何じゃが,今までどおりの取り組みだったら,

 

可能性はほとんど無い!

 

栄光は行動した者にのみ与えられるものだ。」

 

 

 

 

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/youshuyamagobou.html 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チシャノキ

 

室見川,川岸にそびえる1本の木

 

先月あたりから,青いつぼみが沢山ついていた。

 

1週間ほど前,次々に咲き出しました。

 

白っぽく見えるところはすべて,花がかたまって咲いてるところ。

 

 

 

ちょいと,飯盛山を意識してパシャ!

 

 

 

 

とりさんの撮り方を意識してパシャ!

 

 

 

 

 

 

で,花の形をじっくり‥‥‥‥。

 

 

 

このての花が多いですねぇ。

 

というか,わたしが,こういうものを追い求めているんでしょうけどね。

 

 

ミズキ 」 

 

 

「 クマノミズキ」

 

 

 

 

 

 

コガネムシ

 

これぞ,コガネムシ!!!

 

いやぁ,綺麗な色ですこと。

 

 

 

  

 お尻もセレブに見えます。

 

 

 

 

 

 

おまけは,20日の夕景

 

 

 

ねこじゃらさんとこは,こんなです。 

 夕焼け

 

 

 わんだふぉ~ 

すごいモデルに出会った‥‥‥‥

 

ふつう,トノサマバッタは,足音を聞いただけで,飛び去る。

 

でも,逃げないトノサマバッタに出会った。

 

体調でも悪くしているのか??

 

 

 

 

 

 

 

ありがたく,6枚撮らせていただいた。

 

だから,全部アップゥ!!!

 

トリミングしてませんよぉ。

 

 

 

 

 

 

 

昨夜も,塾帰りは星空でした。

 

夏の大三角が天頂付近にあって,首が痛かった。

 

「はデわアこベ」

 

南の方を向いて

 

V字型(左上,下,右上の順)に覚えます。

 

くちょう座の

ネブ‥‥‥

し座‥‥の

ルタイル‥

と座‥‥の

ガ‥‥‥‥

 

「派手なのはアッコちゃんだべぇ~」という

 

無理やりなこじ付けです。

 

覚えりゃそれでよし。

 

 

 

 

 

パンドレア

 

 

 

 

 

 

白地に赤く日の丸染めて‥‥‥‥

 

日本のためにあるような,花ですな。 

 

 久しぶりに,花の中を観察して見ますか。 

 

 

 

 

 奥行きがあるから,なかなか難しゅうございますな。

 

でも,蕊はしっかりあるようで‥‥‥‥。

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒A「あと一週間でテストだぁ~」

 

生徒B「ううう,全教科は,間に合わないかもぉ~」

 

生徒C「全教科やんなきゃ,先生が煩いぞ!」

 

DOC「こらこら,誰のために勉強しとんのや?」

 

「あんたら,まだ,勘違いしてるねぇ。

 

テストの準備ってのは,100点取る為の準備じゃないんだぜ。」

 

生徒A「(・_・)エッ......? それじゃあ,適当でいいんですか?」

 

DOC「そうじゃなくて,残りの時間を,充分活用して,

 

やれるだけのことをやっておく‥‥‥‥。

 

これが大事なのさ。」

 

生徒B「ふむ,ふむ」

 

DOC「100点取る為の準備なんか

 

大変そうで,誰だって嫌さ。

 

そうじゃなくて,できるだけのことをやっておく,

 

そう考えれば,準備が苦痛にならないんだよ。」

 

DOC「80点取れば,まぁまぁ頑張ったかな?と思えるし,

 

90点取れば,おっ!オレって頭いいんジャン!

 

と思えるでしょ。」

 

生徒C「じゃあ,80点狙いでいいんですね。」

 

DOC「それも違う。80点取ろうとすると,80点取れないことになりかねない。

 

そういう努力しかしなくなるからね。

 

そうじゃなくて,繰り返すけど,

 

できるだけのことを,しっかりやることが大切なんだ。

 

点数は,その結果として,後からついてくるものさ。」

 

 

出来もしない,やりもしないくせに,

完璧を求めるような,ものの考え方はやめようね。

一歩,一歩を積み重ねるんだ。

って,思っときなさい。

これから先もまだまだ続くんだから。

 

その一歩をサボっちゃダメだよぉ~~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユリズイセン

 

 

公園の片隅に,ひっそり,ポツンと咲いていた。

 

しかし,これが,曲者でして‥‥‥‥。

 

見ての通り,細長い茎‥‥‥‥これですよ。

 

ちょっとでも,風が吹くと,揺れるの何の!

 

かなりのショットを没にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ユリズイセンには2種類あるらしく,これは,口をあまり開けない方。

 

模様が派手ですね。

 

もう一方のユリズイセンは,ユリのようにしっかりと開きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 DOC「な,な,何だ!その,『わ』。『れ』。『ね』 は~!!」

 

生徒R「‥‥‥‥??」

 

DOC「最初の突き出しは,ほんのちょっとか,

 

あるいは,引っ掛けなくてもいいんだぞぉ。」

 

生徒R「小学校では,突き出すように習いましたぁ!」

 

DOC「そりゃあ,突き出すのが正しいんだが,下の部分より

 

でっかいじゃないかぁ。」

 

生徒Y「だめなんですかぁ??」

 

DOC「あのな,試験の点数を1点でも多く取りたければ,

 

文字についても,考えなければならんのじゃ。」

 

生徒R「‥‥‥‥??」

 

DOC「まず,文字の綺麗,汚いは癖があるから,なかなか直らんが,

 

大きさをそろえると,グンと読みやすくなる。」

 

DOC「それも,チマチマした字じゃなくて,ゆったりした字が採点者受けする。」

 

生徒Y「受け狙いですかぁ??」

 

DOC「読み易い字で書いてあると,ほんのちょっとした間違いは

 

『まぁ,いいか』となることが多い。  助かるだろう?」

 

生徒R「へぇ~~~~!?!」

 

DOC「鉄則は

 

1.文字の大きさをそろえる。

 

2.ある程度大きな字で書く。

 

3.文字の底の部分を綺麗に横並びにする

(上がったり下がったりしない)。

 

4.ひらがなは,漢字よりちょっと小さめにする。」

 

DOC「あと,『見』とか,横棒が多い漢字では

 

棒の間隔をそろえると,

 

好印象を与えるものじゃ。

 

『ネ申』みたいに,横長もだめじゃね。」

 

生徒Y「書写の先生みたい!」

 

DOC「答案は,『読んでいただくもの』という

 

姿勢が大切なのじゃよ。

 

自分勝手な文字や文章は

 

『どうぞ,減点してください』と,

 

いってるようなものじゃて。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゴノネコアシフシ

 

エゴノキに不思議な物体?? 

 

 

 

 

 エゴノネコアシ(フシ)だそうな

 

虫こぶなんですと‥‥‥‥

 

 

 

 

 

わたしは普段からカッターを持ち歩いている,

 

危険親父なのだ。 

 

 中を見てみなくばなるまい。

 

虫系が苦手な人は

 

ここでストップ!

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲテモノ好きな人だけ

 

下へスクロールしてね。

 

 

房を切ると,なにやら白い粉と茶色い塊が‥‥‥‥。

 

 

茶色い塊は,うごめき始めます。

 

よって,これをトリミングあぁ~っぷ!

 

 

 

 これが,中に住んでいる虫でした。

 

よくこんな狭い中に,たくさん住んでいますこと。

 

なぜ,このような形に変形するのか?

 

どのような昆虫がここに生みつけるのか?

 

いつまで?,いかなる生活を送るのか?

 

その生態については,まったく関心が湧きませんでしたとさ。

 

 

 

 

 

お口直し(お目直し)に

 

アメンボでもどうぞ。

 

しっかし,アメンボも写すのは難しいですなぁ。

 

 

 

 

 

蝶の名前も分からない

 

自分で調べても分かりませんでした。

 

何というんだろう?

 

 

 

 

あとの写真は,ブレブレだから,小さくアップ。

 

 

 黒揚羽(クロアゲハ)

 

では,ありませんね

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

撮りだめの蝶(?)たち‥‥‥‥

 

 ぴんきら

 

 

 恋の季節です‥‥‥‥。

 

 

トンボについては,

 

濡れ場

 

 

トンボ・トンボ・トンボ

 

 

で,御覧いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛くるしい目

 

いまでも,12年前と同じ視線‥‥‥‥。

 

 

 

 

愛くるしい犬

 

 

おい、きたろう♪

 

 

これらに触発されました。♪♫♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカメガシワ

 

これも,雌雄別株

 

そんなこととは知らないから

 

別の植物かとおもって,調べてた‥‥。

 

 

 雌株                    雄株

 

 

 

 雌花

 

 

 

 雄花

 

 

 

 

 ここにも雄花がありました。

 

舞う

 

 

 

 

配達! 

 

 

チューリップは埋め込み禁止です。

 

http://www.youtube.com/watch?v=xZbtfUtns8o

 

こちらへ跳んでね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。