E-ラボ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏口牛後

 

 

 

 

  昨日,中3数学の授業中に「鶏口牛後」の話になった。

 

意味を調べると,「大きな組織に付き従って軽んぜられるよりも、

 

小さな組織の長となって重んぜられるほうがよいということ。」

 

となっている。

 

 

 

 

 

 

ほとんどの,中学生やその父兄たちはこういう考え方をしているのが現状である。

 

私は,この考えには疑念を持っている。

 

なもんだから,喉が痛くなるのも構わずに持論を語ってしまった・・・。

 

 (ヲイヲイ,授業はどうなっとんねん)

 

 

 

 

具体的に考えて,この金武地区で受験できる学校は(モチロン公立で)

 

トップが「修猷館」,

 

次に「城南」,「筑前」,「西陵」,「講倫館」,「福岡女子」,

 

「玄洋」,「早良」・・・と続く。

 

塾に通う生徒が目指すのは4~6番手くらいまで。

 

その後は,言っては失礼だが塾で勉強しなくとも合格はその気になれば可能。

 

 

 

 

で,一番多く耳にするのは「修猷でビリより,城南でトップを取る方が良い」

 

という意見である。

 

 

 

 

修猷館という高校は他の高校と気質が異なり,「不羈(き)独立」

 

という独特の理念のもと,4月入学と同時に先輩からのシゴキ(?)で始まり,

 

その後は自由な学校生活を送ることになる。

 

まぁ,前身が藩校であったことが原因かも知れないが・・・・。

 

 

 

 

 とにかく,他の学校では中学校の延長のような指導を受けるのに対して,

 

異質であることは間違いない。 

 

定員四百名に対し,受験者は毎年ほぼ二倍弱。

 

余程の自信がなけりゃ

 

滑り止めの私立に甘んじることに・・・。

 

となれば,無理して受験するより,

 

二番手校の公立高校を受験する方がマシ・・・となるのも頷ける。

 

で,「鶏口牛後」なのである。

 

 

 

しかし,

 

「修猷館を卒業した」という事実は

 

福岡では ひとつのステータスであり,

 

その後の人生であらゆる場面に付いて回る。

 

 

ならば,

 

人生最初の大きな挑戦を,戦う前から

 

諦めてしまうのは

 

何とも口惜しくはないのか・・?

 

 

 

 

修猷館は公立高校であるが故に

 

入試問題は他の公立高校と同一である。

 

また,出題傾向が例年固定化しているため,

 

準備がやり易い。

 

此処が大事なところであるが,

 

準備さえ間違えなければ,

 

合格点を取るのは不可能ではない。

 

 

 

だからこそ,

 

受験申込の最終締切である一週間前までは

 

修猷を目指して努力する意味があると思う。

 

力が及ばなければ,

 

直前で受験校を変更しても良いではないか。

 

勿論,そこまで充分頑張ったという

 

自己診断のできることが条件ではあるけど。

 

 

 

最初から

 

ランクを落として準備すれば

 

必ず手抜きになり,直前で

 

更にランクを落とすことになりかねない・・。

 

否,

 

殆どの場合そうなるであろう。

 

 

 

 

 

 

 

で,やっと昨日の話に戻るのだか

 

 

 

修猷に合格しさえすれば,

 

ビリだろうと何だろうと,

 

とにかく卒業までこぎつければ,

 

その間は苦しい日々であろうが,

 

「修猷館高校卒業」というステータスがついてまわる。

 

 

 

 

「鶏口牛後」を引用すると,

 

高校三年間の過ごし方に重きをおいた考えになるかと思う。

 

無理をせずに 充実した高校生活を送る・・・

 

などと,一見まともそうな考えであるが,

 

そういう高校生活を送れるのなら,

 

何故,今そういう生活を送らないのか?

 

今やれないことが,

 

高校生になれば実行出来るのか?

 

これが,私の疑問なのだ。

 

(というより断言できる。)

 

今 実行に移せないものが,

 

高校生になればやれるようになるわけがない!

 

私は こう考えるから,

 

「鶏口牛後」等と言われても

 

眼前の案件から逃げているようにしか思われない。

 

こういう輩は,きっと その後も同様の行動を繰り返す。

 

(親はそう考えたくないらしいが・・・)

 

 

 

 

口先だけで,真実めいた嘘を吐くより

 

たった今 実証することの方が

 

何倍も説得力がある。

 

 

 

 

 

 

十数年前,

 

私の授業を受けた女の子の父親は「私立に進学させるつもりはない」と,

 

滑り止めを受けさせず,

 

地区トップ校のみを娘に受験させた。

 

残念ながら,その年は不合格になったものの

 

一年後に,見事 雪辱を晴らしたのである。

 

 

この経験が この娘の人生で大きな力になることを

 

信じて疑わないのだ。わたしは。

 

 

 

 

 

 

ということで,金武ラボで

 

受験準備をして

 

最高の宝を手に入れて欲しいものだ(^◇^)

 

おしまい

 

m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

嫌いなものは頭に入らない・・・・

 

 

 

 

 算数・数学 嫌いな人は

 

円錐の表面積が求められませんね(^◇^)

 

 

 

 

 この解説書を見ても

 

 「面倒臭い!」

 

の一言で終わるのでしょうけど・・・・

 

ところが どっこい

 

【例題】の側面積を見てみると・・

 

パイ×母線×底面の半径

 

だけで求められることが解ります。

 

つまり

 

斜め×下×パイ

 

たったこれだけで 側面積が求まるのです。

 

なもんで,どこの塾でもこれを暗記させるのですが・・

 

 

如何せん,嫌いなものは

 

簡単なことでも頭に入らない・・・(^◇^;)

 

 

昨日も,学校の定期テストに出題されていたのですけれどォ

 

苦手者は

 

円錐の展開図(上の図)を描くまでは試みておりましたが・・

 

(こっちの方が高等なんだけどなぁ・・遠い目)

 

結局間違った答を出しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな悲劇・・・悲しみは止まらない

 

 

 

 

 

6月9日に報告した 壊されたツバメの巣がこれ・・・

 

これじゃあ 子ツバメがこぼれ落ちるのも当然でしょう

 

 

あっ,このカメラはダミーですのでお気遣いなく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが,6月の13日

 

新たな泥が 積み重ねられているのを 発見!

 

メゲルことなく 子育てを継続しようとする ツバメの健気さに感涙・・

 

嬉しい報告ができるかと,記録に一枚パシャリ

 

 

 

 

 

 

 

 

二日後には 更に泥が積み上げられ

 

飛び交うツバメも確認

 

 

 

しかし・・・・・

 

これを最後に・・・・

 

ツバメの姿を見ることは出来なかった・・・

 

 

 

 

ここまでしてツバメが巣を放置するとは考え難く

 

おそらくは

 

不慮の事故に巻き込まれたと思われ

 

そう思う度に

 

胸は張り裂けんばかりの悲しみに打ちのめされる

 

 

 

 

これ程の境遇に振り回されても

 

生き物は 立ち上がらねばならないのか

 

歩み続けなければならないのか

 

 

 

 

 

 

塾って敵だったの・・・orz

 

 

 

 

 

当塾では 定期テスト前に

 

 まとめと練習問題を

 

小冊子にして配ります・・・

 

今回,ある教科の先生が交替し,

 

問題の傾向が読めなくなりました。。。。

 

 

 

S「先生が『塾の裏をかく問題を出す』って言ってたから大変だね。」

 

D「大変だね・・・って,人ごとかよ・・・!?

 

お前は当事者だろうが!」

 

D「ところで,学校の先生って仕事は何なんだ?」

 

S「僕らに学力を付けること・・・。」

 

D「んん~・・まぁ,そういう事にして,

 

塾って何するところ?」

 

S「・・・・あれ?」

 

D「不思議な考え方をする先生だよなぁ。

 

余程あんたらが憎らしいことしてるんじゃないか?」

 

S「そんなぁ~」

 

 

 

 

D『そういう風な考えの奴が先生なんかやってるから

 

この学校の学力が上がらないんだろなぁ・・・(´。` ) =3』

 

 

 

小冊子には,過去問も載せて,傾向を生徒に教えてます。

 

学校の先生は,予想を立てられる・・ってことがお嫌いなのでしょうけど・・。

 

じゃあさ,入試だったら良いわけ??

 

誰だって,過去問をやって傾向を掴んで準備しますわな。

 

それと おんなしじゃん!

 

それよか,教え子が良い点を取ったら素直に喜べばァ~?

 

「俺の教え方が巧いからだ」って威張っていいからさぁ~。

 

(どっかの総理みたく・・)

 

 

こちらは料金払って頂いてるから,

 

これくらいのことは当然であって,

 

威張るようなこっちゃないシィ。

 

それに,良い点を取れるのは,

 

当の本人が頑張ったからに他ならないからね(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金ないんです・・・・・(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

今月初め 体験授業を受けた子がおりまして,

 

1回受けたら 来なくなりました。

 

 

ところが,昨日,ひょっこり現れて・・・・

 

D「おんや? どうすんの?」

 

S「自分は入塾したいんだけど,お金が無いから・・・

 

まだ,親と話がついてないんです。」 

 

D「この学年にも,授業料が滞ってる奴居るシィ,

 

卒業生で未だに払わない奴も居るからァ・・・

 

って,親に話してみな・・・」

 

S「はい,そうします・・」 

 

 

 

 当塾の授業料はメチャ安いです。

 

1・2年は12600円,3年は16800円

 

(開塾当時のほぼ半額です)

 

それでも 払えない家庭は 少なくないんですよ。

 

生徒にとっては 今が学習の時だから

 

家庭の収入が良くなるのを待ってる余裕はありません。

 

 

 

もちろん,学校で面倒みてくれれば

 

それが一番いいんですけどね・・・。

 

我が子も 大学受験準備は塾に通ってません。

 

(当然,当塾が赤字だからですが・・)

 

でも,高校の先生が 面倒みてくれました。

 

ありがたい事です・・・。

 

お陰で,現在 大学生を(元気に)やってます。v(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問できますか?

 

 

 

 

 

 

RRRRRRRRR

 

D「はい!,金武ラボです。」

 

F「ちょっとお尋ねしたいのですが。今,中3なんですけど,席はありますか?」

 

D「はい,一応ございますが。」

 

                     (現在,定員丁度なんですけどぉ~)

 

F「そちらは,個人指導じゃなくて,全体指導ですよね?」

 

D「はい,そうです。」

 

F「じゃあ,成績の悪い子も,良い子も同じ教室で授業をうけるんですか?」

 

D「はい,そうです。」

 

                      ((; ̄ー ̄)...ン?・・・・何か悪い予感・・)

 

F「授業中に質問は出来るんですか?」

 

D「はい,できますよ。」

 

        (そら来た!)

 

F「成績の悪い子が質問している間,成績の良い子はどういう風にしているんですか?」

 

D「自分が解ってる範囲なら,自由に他の問題や教科をやってますが・・・。」 

 

 F「(・_・)エッ......? 他の教科をですか?」

 

 

 

 

 (それって,わが子の自慢話ですか?)

 

 

これは,典型的な父兄の態度・思考である。

 

いまどきの生徒が授業中に質問するわけがない。

 

でも,「我が子は分からないところがあれば質問する」と思っていらっしゃる。

 

全員が全員そうだとは言わないが,ま,殆どの生徒は『受身』でしか,授業に参加しない。

 

( 『受身』:授業受けてりゃ先生がなんかしてくれるだろ・・的考え )

 

『受身』の生徒が疑問点なんか思い浮かべるはずがない。

 

「早く授業終わんねぇかなぁ~。早く帰りたいなぁ~。」が本音。

 

( 「だったら,塾なんか来ないで家で遊んでろよ。」と言いたいけど,

 

彼らも,親の手前,塾に通わざるを得ないようだ。ま,可哀相っちゃそうなんだけど・・。

 

なら,気持ちを切り替えりゃいいのだが,

 

そこまでやれる思考能力は持ち合わせていないからね。(^◇^) )

 

 

 

 

そも,なぜ『質問』したくなるのか,考えてみればよろしい。

 

まず,『積極的』に授業に参加していなければ,疑問点なぞ浮かぶはずがない。

 

『積極的』であるからこそ,疑問を解決したくなるのだ。

 

中学生は自我に目覚める子が多いので,授業中の質問は恥ずかしがってしないのが普通。

 

でも,『積極的』な生徒は休み時間とか,帰る前とかに『個人的に』質問しに来るのです。

 

もっと勉強を自分のこととして捉えている生徒は,

 

学校帰りに立ち寄るのです。

 

(残念ながら現在は皆無・・。私の転寝の時間になっている。)

 

 

 

 

 

 

『勉強は塾が面倒みてくれるもので,そのための納入金だ。』

 

これは一般人が陥る 誤った自分勝手な思想です。

 

よくいうでしょ?◯◯に付ける薬はないんですよ。

 

勿論,「面倒見の良い」事を大々的に宣伝する塾もあるけれど,殆ど巧くいってないですよ。

 

だってね,「学力」って自分が積極的に取り組まなきゃ身につくもんじゃないでしょ。

 

授業中に目一杯「発問」して,このことを力説するのが私の授業のやり方。

 

 

 

「ゆとり」に入ってからというもの,なかなか手ごわくなりました。

 

ちょっとやそっとでは心が動かなくなっている。

 

私のこの白髪頭より,ずっと硬い頭の持ち主だらけです。

 

小学校の先生方が,「ゆとり」に対する考えを改めていただかなくては

 

脱ゆとりを叫ばれても,まだこの先,今の状態は続いていくでしょうね。

 

 

 

特に,この地区は田舎だから,進学熱なんて液体窒素並み・・・(^◇^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(怒)(怒)(怒)(怒)(怒)(怒)

 

 

 

 

 

 

 

昨日 ツバメの巣は 何者かの手によって 破壊されました。

 

これにより 今年の 子育ては 終焉を迎えてしまいました。

 

 

 

 

 

(-"-)

 

 

 

 

 

怪しい葉書きがキター!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカン成

 

 

 

 

3年前

 

生徒の点描を

 

手伝った作品

 

仕上げはやったんだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の子ツバメ

 

 

 

 

 

 

 

 

4羽は確認できたのだが・・・

 

 

 

 

成長が楽しみだ

 

 

 

 

 ところで,民主党議員って馬鹿ぞろいなんだなぁ

 

今までの 地方選見てて分かるように

 

今後 いくら民主党に居たって

 

2年後は 選挙で勝てるわけないのに

 

いつまでズルズルと

 

嘘付き集団 民主党内に留まっているんだろう

 

明日の金より今日の金?

 

使い果たしたら終わりってこと判らんのかなぁ?

 

サッサと,見切りをつけて

 

次の方策を模索せにゃ・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

まね,「戻って来いよォ~」

 

と言われて

 

「ハイ,ハ~イ」

 

と 戻る阿呆もいることだしね・・・。

 

何でおまいらが 票を集められるというのだ?

 

Let's Take Knowledge !

 

 

 

 

 

 

 

 

記憶にありません(^◇^)

 

 

 

 

 ナワシロイチゴを食べた記憶がない

 

 

 

 

 

 

今年は挑戦できるか??

 

 

 

 

 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。